今夏、ロシア・サンクトペテルブルグで開催する
矢頭早弓審査員特別賞受賞者を対象とするサマーワークショップの行程の中で、国立劇場で『カルメン』と『パキータ』を上演することが決定いたしました!!!!!

2016年8月21日(日)開演:19:00
ロシア国立ゴーリキー文化宮殿
入場料:600руб~2500руб
http://www.bileter.ru/act…/karmenpahita_dk_im_amgorkogo.html

出演:ダニーラ・コルスンツェフ
(マリインスキー劇場プリンシパル)
イーゴリ・コルプ
(マリインスキー劇場プリンシパル)
タチアナ・トカチェンコ
(マリインスキー劇場セカンドソリスト)
他、マリンスキー劇場ダンサー
JBCから選出された18名の日本のバレエダンサー
(矢頭早弓審査員特別賞受賞者)

衣装協力:ワガノワバレエ学校

【教師】:ワジム・デツニスキー
イリーナ・イヴァン
ナタリア・ツィプラコワ
ユリア・マハリナ
デニス・モロゾフ(通訳兼指導)
矢頭 早弓(通訳兼指導)
他ゲスト教師

【内容】クラシック・キャラクター・デュエット・ヴァリエーション・舞台リハーサル

このワークショップ期間中、ユリア・マハリナ先生をはじめとする、ワガノワバレエ学校の教師や、劇場の教師等様々な先生方のレッスンと並行して、現地のプロダンサー達とともに舞台リハーサルを行い、8月21日の舞台に臨みます。

JBC審査員である、デニス・モロゾフ先生、矢頭早弓先生のご尽力の元、この素晴らしいキャスティングが実現し、ロシアで有名なプリンシパルと日本の若い才能たちがどのような舞台を創るのか現地でも話題になっているそうです。

ロパートキナ、ソーモワなどマリンスキー劇場のバレリーナから最も信頼を寄せるパートナーと評されるダニーラ・コルスンツェフ氏が主役を踊ります。

ワガノワバレエ学校 校長のニコライ・ツィスカリーゼ先生の協力の元、バレエ学校で使う「パキータ」衣裳提供を頂きました。

10日間の日程の中、選ばれたバレエダンサー達がどのような成長を見せてくれるのか、いまからとても楽しみです!

ワークショップ期間中は舞台の様子を含め、随時様子をレポート致します!お楽しみに!

NEW サンクトWSリーフレット[2-3]【1】