コンクール開催におけるコロナウイルス感染拡大防止策について

Japan Ballet Competition開催におけるコロナウイルス感染拡大防止策は以下の通り実施いたします

本コンペティションにご出場、ご来場いただく皆様へ下記の通りコロナウイルス
感染拡大防止対策を行ってまいります。皆様方のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

衛生管理への取り組み
●楽屋、通路手すり等の館内設備のアルコール消毒
●受付・ロビーに手指消毒液(次亜塩素酸水及び手指消毒用アルコール)設置
●リハーサル室に次亜塩素酸水超音波噴霧器とサーキュレーターを設置
●咳エチケットをはじめとする左記感染症対策への取り組みへの告知

【密閉】回避の取り組み
●本番中も劇場客席ドアを開放
●スタッフによる楽屋の定期的な換気

【密集】回避の取り組み
●本番ブロックの少人数化(従来の約半分)を図り、劇場内滞在人数を削減
●受付時の整列をスタッフが補助し誘導
●楽屋・リハーサル室の利用可能時間を決める
●演技後速やかに劇場を退出頂くよう出場者の皆様へお願い
●一般観覧チケットの販売数を制限(前売り券販売中止)
一般観覧チケットをお買い求めの方には全員、氏名・電話番号の記名をお願いいたします。

【密接】回避の取り組み
●受付に飛沫飛散防止ビニールを設置 受付時お声かけの簡略化
●表彰式の中止 ●賞状の演技後受付渡しの中止

健康管理への取り組み
●来場時に全ての方に手指消毒、検温を実施(37.5°以上の方のご入場をお断り)
●スタッフの検温・体調調査を事前に実施
●全スタッフマスク着用にて業務に従事致します

来場者把握への取り組み
●当日券ご購入者の皆様全員お名前と電話番号の記入をご協力いただきます
●指導者パスカードをもって来場する方の連絡先一覧表のご提出をお願いしております
●会館側より来場者に関する情報提供依頼があった際には上記情報を提出いたします

この他にも開催当日まで出来得る限りの対策を講じ実施いたします。
楽屋で混み合うのが不安な方は、各自スタジオやホテルで準備をできるだけ済ませてからご来場いただく、パスカード・当日チケット共にその日に限り再入場も可能なので、楽屋待機時間の調整をしていただくなど、各自でご対応をお願い申し上げます。
ご来場に関しては自己責任でご判断ください。

劇場側からの指導により、楽屋・リハーサル室の密集防止の為、係員よりお声をかけさせていただき、使用を制限する場合があります。ご了承ください。